病棟への転職方法その3〜人材紹介会社・転職支援サービス〜

看護師が転職活動をする際にまず利用するものはインターネットと言っても過言ではないでしょう。
今はPC・スマホ・携帯・タブレットといったインターネット環境が身近にあるため簡単に時間・場所を問わず利用できます。
新聞の折込広告・情報誌・口コミ等で求人を見ても自分でインターネット上でさらに情報を集めたりしますよね。

 

インターネットを利用して看護師求人を検索したことのある人なら一度は看護師求人専門の紹介サイト等を見たことがあるのではないでしょうか。
人材紹介会社・転職支援サービスなどの数も今ではどんどん増えていき各社が独自の特徴を謳っています。
無料で看護師の転職活動を様々なサポートをしながら応援してくれる場所となりますが、他の転職方法と同様にメリット・デメリットがあります。

 

■メリット■
○ 全てのサービスが無料
○ 転職に関する相談ができる(看護師転職の実情を知りつくしたのプロからの視点で相談にのってくれる)
○ 転職に関するアドバイスがもらえる(退職交渉・条件・面接・履歴書作成)
○ 専任スタッフがついて一緒に転職活動をしてくれるという安心感が得られる。
○ 希望の条件を伝えるだけで候補となる職場を絞ってくれる
○ 病棟の看護師募集の情報量が豊富
○ 非公開の求人情報が見られる
○ 面接の日程調整や同席
○ 病院側に聞きにくい事も聞いてもらえる
○ 職場(病棟)を見学する機会をつくってもらえる
○ 条件交渉をしてもらえる
○ 入職日の調整をしてもらえる
○ アフターフォローがある
○ 職場が決まったら祝い金が貰えるところもある

 

■デメリット■
◎ 採用のハードルが上がる場合がある。(人材紹介会社・転職支援サービスからの入職が決まると病院側は会社への費用が発生する為、病院によっては同時に直接応募の看護師がいた場合看護スキルや人柄・経験(病棟・年数・診療科)・提示する条件等に優劣がなければ費用のかからない直接応募の看護師を優先的に採用することも珍しくはありません。)
◎ 登録すると専任スタッフがつくことになります。その専任スタッフによってサービスの質にばらつきがあったり、あなたが合わないと感じる人が担当になることもあります。専任スタッフの交代は可能ですので自分のよりよい転職活動のためにも遠慮せず交代依頼を申し伝えましょう。
◎ 悪徳な業者も存在する。(人材紹介会社・転職支援サービスの数が増えると同時に悪質な業者も存在し始めています。登録したのになかなか紹介してもらえない。情報・条件に虚偽の内容が含まれる。執拗な電話やメール。希望以外の求人や特定の病院の面接を強要。)気軽に登録できるからこそトラブルにも巻き込まれやすくなります。多くは良心的ですが、そういったこともあると言う事を念頭に置いて利用しましょう。

 

またこれらの人材紹介会社・転職支援サービスが数多くある為、一つだけの利用ではなく何社か登録して利用すると良いでしょう。業者によって得意・不得意分野があります。一つの業者だけでは把握しきれない病棟での求人も大手・エリア限定の中小規模等複数利用すれば選択肢も増えます。また登録した数だけ専任スタッフがつくことになり複数の意見を聞くことで総合的に判断することも可能となります。
どんな転職活動にもメリット・デメリットはあります。これらを理解した上で上手く組み合わせ自分にあった職場に出会いましょう。