小児科病棟 看護師の業務内容と求められること

小児科で診察中の写真

小児科病棟は0〜15歳までの患者を対象にしています。
年齢で区切っているため、内科のように各診療科に分かれての病棟ではなく、急性疾患・がん等の重篤な疾患・アレルギーや喘息などの慢性疾患・先天性疾患といった様々な疾患の患者が入院してきます。
そのため、小児科病棟で働く看護師は小児に関する幅広い知識はもちろん様々な疾患に対する看護を身につける必要があります。
ここでは、「小児相手のナースには何が求められるか」を改めて考えてみたいと思います。

トップページへ別の病院へ転職・求人を探す時に整理したいこと

小児科病棟における看護師の業務内容

医師の診療介助
通常看護業務

排泄・食事・保清の介助、検査送迎や介助、検体採取、観察と異常の早期発見、患者指導、投薬管理など

急変時の対応
患者と家族の精神ケア

などが挙げられます。
小児科は大人と違い保護者の付き添いを可能とする病院も多く食事・保清・排泄・服薬・移送といった家庭で出来る多くの内容を保護者が行っています。
しかし、病院という閉鎖された空間・他人と生活を共にしなくてはならない・わが子の病状について・他の患者の急変を見聞きするといった様々なことから付き添い者のストレスは計り知れないものになります。
看護師は患者のケアと同時に付き添い者の心身ケアにも重点的に取り組まなければなりません。

【ベスト3】小児科病棟で働く上で看護師に求められること

観察力と状況判断能力

小児は自分の症状を的確に伝えることが難しいです。症状を上手く伝えられず知っている「痛い」「のどが渇いた」「おしっこ」等の言葉に置き換えるということも多々あります。また伝わらないからと口に出さない患児もいます。気を引きたくて症状を訴えてくる患児もいます。バイタルチェックや言葉・表情などの些細な変化から状況・状態を読み取る力が求められます。患児は急変に陥る場合が多いため普段から急変を想定して、その予兆を見逃さず実際の急変時に素早く対応できる力も必要とされています。

保護者に寄り添う看護・包容力・コミュニケーション能力

看護業務内容でも述べましたが、子どもはその保護者の小さな心の変化を読み取ります。患児を安心して治療に取り組めるようにするためには保護者のケアは必須となってきます。また子ども(保護者も)はストレートに気持ちをぶつけてきます。嫌な気持ちになることもありますが全てを受け入れる包容力も必要となります。

なにより子どもが大好き

これは人により異なります。子どもが好きだから小児科を選んだけど「子どもが好きだからこそ辛い姿を見たくない」と感じる人もいます。子どもは苦手だけれど仕事と割り切って働いている人もいます。しかし、子どもは大人の「子どもが好き嫌い」を嗅ぎ分ける力があります。入院治療・看護を円滑にすすめる為にも患者・家族の協力は必須です。人が子どもが好きという気持ちは小児科だけでなく看護を行う上で大切な要素となります。

見出しライン

看護師専門の求人紹介サービス

公式サイトへ