病棟のパート看護師が感じる働きにくさとは?

最近では病棟でパートタイマーで働く看護師も珍しくはありません。
日勤常勤・夜勤専属・正社員・派遣・パート様々な勤務形態がある中でそれぞれ感じる働きにくさというものがあります。
ここではパート看護師が感じる働きにくさを考えて見ましょう。

 

まず第一に病棟でパート看護師として働くにはかなりの覚悟が必要です。
パートの時間によっては通常勤務の途中での退勤・出勤となる事もあるため、処置やフリーが中心となるなど業務内容に偏りが出る場合があります。看護師でパートとなると扶養内での勤務という場合が多いですが、そうなると残業などが困難になってきます。しかし病院によっては常勤と同じように残業が当たり前になっているところや普通に部屋持ちになる所もありスムーズに退勤出来ない状況があります。しかし扶養内でと考えるなら「サービス残業」か「はっきり自分の意思を伝えるか」になりますが、後者を選んだ場合多くの病院では働きにくくなるでしょう。
パートであっても職場はその日の「勤務者1」と考えるので、子供の体調不良などで急遽休みをとることは難しいです。もちろん有休などもないので休めば給料は減り、理解のない職場では苦情の嵐となります。

 

日勤常勤者でも感じると思いますが、夜勤ができない・途中退勤・途中出勤のスタッフがいるということ自体が同僚の不満の種となる事もあります。
これらは病院によりかなり差がありますが、「進学コースに通う準看護師がいる」・「病院で夜間帯でない進学コースの学校をもっている場合」・「病棟内での勤務内容に午前のみ・午後のみといった細かくわけられたものがある」といった病院では比較的決められた時間での出勤・退勤に理解があるようです。
しかしパートはあくまでパートなので合わなければ職場を変わることも容易いです。
また同じ時間を決めて働くなら派遣の方が働きやすいのではないでしょうか。
派遣は派遣会社を通すので直接応募のパートより自分の意見を通しやすいです。また病院側の対応も変わってきます。
ただ派遣はある程度看護スキルを持っていないと「使えないのに給料多くもらっている」と言われる事もあります。

 

風当たりの強い病院はどんな条件(たとえ正社員)であっても働きにくい職場ですので、職探しをする場合は「パート募集・残業なし」などの聞こえのいい言葉に惑わされることなく実情を知ることが大切になってきます。
そういった意味でも自分では情報収集しづらい細かな情報が得られる派遣会社・求人サイトなどの利用はパートで働きたい看護師の職場探しの強い味方になってくれるので便利です。職場探しで困った時は利用してみるのもいいでしょう。