病棟と外来で看護師に必要な考え方の違い

病棟と外来での看護師の業務には大きな違いがあります。
そのため、勤務中の考え方にも違いが出てきます。

病棟

病棟のイメージ

病棟は、ご存じの通り、
看護(VSチェックや点滴・処置・検査やOPE出し等)
介護(体交・保清・排泄や食事介助等)
その他(ベッドコントロール・カンファレンス・医師の指示受け)
といった患者さんへ直接ケアする機会が多いのが特徴です。

病棟は、患者にとって生活する場でもある

病棟は治療を受ける場であると同時に日常生活を送る場でもあります。ストレス軽減のためにも、より家庭での生活に近い形で毎日が送れるよう工夫していく必要があります。

医師はいないことが多い

病棟は外来に比べると多くの情報を得られる場となるので、日々の看護にも自然と活かしやすいです。医師は常にいるわけではないので、医師が来られた際に的確に状況報告・必要な指示をもらえるようにしていなくてはなりません。

病院によっては緊急外来の対応も求められる

小・中規模の病院では夜間の緊急外来を夜勤の病棟看護師が兼任で行うこともあります。その場合、外来のカルテや器具などの場所・お金の管理なども把握しておく必要があります。

外来

外来のイメージ

外来は、診療介助が主な仕事で、診察前後の準備・片付け、別に処置室がない病院では採血・点滴・その他処置も看護師の仕事となります。
診察室での患者さんの表情や言動から不安点や不満が無いかを察知し、待合に戻られた際に必要なら即座にフォローを入れに行くことも看護師の仕事です。外来診察で入院が決まれば、各病棟に依頼し担当看護師へ申し送りをします。

誰でも長時間待つのは苦痛

また、外来の特徴でもありますが、来院する患者さんは待つことが苦手です。
誰でもしんどい時に待つのは嫌ですよね。
医師の診察スピードは変わらないので、いかにスムーズに効率よく診療を進めていくかを常に考えて順番を変える・誘導のタイミングを調整するなどの工夫も必要です。

長時間の放置も不満の原因

さらに、患者さんは放っておかれることに不満を持ちます。
患者さんの状態を常に確認し必要ならベッドへ誘導したり、時々声を掛けてもらえるだけでも待つストレスは軽減します。流れ作業的・事務的な業務となりますが、そんな中でも看護師だから気付くことの出来る視点で患者さんに安心して適切な治療を受けてもらえるように援助していくことが重要です。

外来は一期一会の関係が多い

外来は家庭・社会と病院間での視点となるため、看護師の問診・観察点も患者の社会背景から捉える事が必要となります。
毎日多くの患者さんが出入りする場所であり、時間に追われながらの対応となるので一人一人とじっくり向き合うことが難しくなります。入院で病棟へ上げてしまえばそれ以降はノータッチとなるため、退院してから来院されても気付かないということも珍しくありません。

よくある「病棟VS外来」の対立構図

怒る看護師

病棟VS外来はよく聞く話で、それはお互いの仕事内容が理解できていないのが原因です。

  • (病棟側)「入院が決まってから患者を上げてくるのが遅い」
  • (外来側)「なぜ早く迎えに来ない・ベッドコントロールができてない」

とお互いに自分の部署の状況だけで考えてしまいがちです。
外来・病棟どちらも時間に追われ忙しいですが、同じ病院で気持ちよく働くためにも、患者さんの情報交換をスムーズにするためにも、一呼吸おいて「そこにどんな理由があるのか」を考えたいものです。お互いの立場になって考えれば、余計なストレスを減らすことができます。

病棟・外来ともに看護師としての向き不向きは当然ある

 

「病棟の方が大変」「外来の方がラク」
なんてことはありませんし、病院によっても業務内容の違いは大きいですが、看護師それぞれ、病棟と外来で向き不向きや性格的な適性はあります。
実際、様々な事情で病棟勤務から外来配属に変わる看護師は多いですし、外来から病棟に再挑戦という看護師も少なくありません。特に、今の職場から転職を考えている看護師は、別の病院への転職を考えると同時に、現在の病院で「病棟⇒外来」「外来⇒病棟」への異動も一度考慮してみましょう。
それで、悩みが解決しそうにないなら、別の病院への転職活動に踏み切るべきです。

見出しライン

看護師のおすすめ転職サービス

公式サイトへ